リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフでマネージャーとして奮闘中。

リビングゲストハウスではなくなった

      2016/11/10


久しぶりの更新となる。このブログは、僕が石川県金沢市にあるゲストハウスグッドネイバーズで住み込みをしたことをきっかけに始めたブログでした。リビングがゲストハウス、毎日多くの旅人に会いました。しなしながらこの度、スタッフルームはゲストルームに変更しました。僕自身は石川県金沢市のシェアハウスへ移住することとなりました。

どこに住んでいるの?

金沢の知り合いから、シェアハウス物件を紹介されて僕は石川県金沢市でシェアハウス経営をすることにした。シェアハウスとゲストハウスでは、大きな違いがあり、「ゲストハウスとシェアハウスの違い」でも紹介させてもらっています。

リビングゲストハウスでは、ゲストハウスに住んで、日々変わりゆくゲストと過ごしていましたが、シェアハウスでは、長期で住むシェアメイトと楽しく過ごしています。(満室になったらまた別の場所を考えます。)

なんでリビングゲストハウスじゃないの?

おかげさまで、僕が働くゲストハウスは週末になれば満室。4月は、花見シーズンでもあり、観光客は溢れました。金沢の宿泊施設が観光客数に全然対応できていない現状、日々ゲストが訪れるため、宿泊部屋としての許可を取り、僕の部屋も開放しました。

よって、リビングゲストハウスではなくなりました。

また、これは宿側の理由だけではなく、自分自身にもありました。いろいろなきっかけが重なり始まったシェアハウス運営。僕は、ゲストハウスでも英語もしゃべれず、より英語がペラペラな多くのスタッフが入ってくる中で、どういったことができるのか。今後、自分でゲストハウス開業の機会があればやりたいですし、もう少し経営的な視点、いろいろな人との対応経験が必要があると感じました。それも兼ねて、シェアハウス運営及び、リビングゲストハウスを出ました。

常駐ではない

ということで、当ゲストハウスも24時間常駐ではなくなりました。実際のところ、常駐ではないことによって、プラス面とマイナス面の両方が出てきます。そこらへんは、以前「ゲストハウス夜間の常駐スタッフは必要なのか。」で書かせてもらいました。

シェアハウスの利益

経営観点で考えると、実際には雀の涙程度の収入しか得ることができません。しかも、これは満室になればです。空室があれば、赤字に近づき、非常にリスクも隣り合わせの事業であると同時に、複数件運営し、満室を維持できれば、非常に手間のかからない事業となります。ま、その観点でいうと、アパートやマンションなどの不動産業と同じ事なわけですが。

と、マイナスなことばかりではなく、実際には経営者として、運用を自ら考えたり、様々な問題や人間関係などの間に入っていくことで、自分自身の経験や責任を担うこともできます。そういった意味では、よい経験ができていると思っています。

おわりに

ということで、リビングゲストハウスではありませんが、今後も時間を見つけて随時更新させていただきます。今後とも、リビングゲストハウスをよろしくお願いします。

 - ゲストハウスでの出来事, ゲストハウスで働く, スタッフの日常 , , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」でマネージャーとして奮闘中。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。