リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスの立ち上げや運営・マーケティングを手伝っていました。現在は求職中。

長崎県のゲストハウスCasa Nodaは、バックパッカーズ感ある雰囲気の宿でした。

      2018/07/04


山口県から北九州の小倉で泊まり、そのまま福岡で車中泊、長崎県に到着。とりあえず長崎駅の近くなら間違いないと思い予約したのはゲストハウスCasa Noda(カサノダ)。朝食込みで、僕が宿泊した時は2600円でした。外国にあるバックパッカーズ向けのゲストハウスが最近は少ない中、なんとなくバックパッカーズ宿感が感じられる宿だったCasa Nodaのレポートです。

長崎駅から徒歩4分の好立地

このビルの3Fから上がホステルとなっています。

日本人だとちょっとわかりにくいかな?

この階段を上がり3Fまで行くんですが、昔からあるようなビルでした。

なんだか東南アジアにある、バックパッカー向けのゲストハウスが入るビルのような雰囲気を思い出しました。

入り口は、重い扉を開けた先

え、なんかBARに入る感じ?

それとも知らないアパートに入る感じ?

ちょっとしたドキドキ感が味わえるかも。

対角に撮っています。

写真右側の壁の奥に、普段はスタッフがいるみたいです。到着時はそこから出てきて、チェックインの案内と館内案内を受けました。

ドミトリーは4Fでした。

一度廊下に出て、上の階に行きます。401と402で2部屋あるみたいです。

この日、本当かわからないけど、外国人と日本人で部屋が分けられていたみたいです。(宿泊者のドイツ人曰く)

部屋は10人ドミです。

ベッドはこんな感じ。自分は、下段のベッドを案内されました。頭元にロッカーはついてなかった・・・。

奥に行くと、洗面所とトイレがあります。少量ですが漫画もありました。

「ロッカーはこちらをお使いください」とのことでした。結局、利用せず。

夜ご飯は、長崎駅へ

繁華街は、歩くと20分、路面電車でも行けますが、お金も節約したかったので長崎駅構内のSEIYUへ。

惣菜がちょうど半額になっていたので、安く食事を済ませる事ができました。

長崎駅を眺めながら、いただきました。

宿のキッチンエリア

宿の共有スペースには、個性豊かなマグカップや、料理用の調味料、コーヒー、紅茶などが揃っていました。料理をしている方もいました。

写真にはないけど、左手前に共有パソコンも1台ありました。

朝食は、「食パンとジャムが冷蔵庫に入っているので、朝食べてくださいね」という感じでした。

いや、まさに海外のゲストハウスみたいだ

共有スペース

共有スペースは、ネットで見てもいい感じだったので選んだとこもあります。そんなに広くはないんですが、ゲストが少なかったのでゆっくり過ごせました。

21時以降スタッフも帰宅。

「エアコンどうやってつけるの?」と、部屋から降りてきた外国人に聞かれました。ちょっとエアコンの使い方わかりづらいんですよね。

21時以降は、セルフチェックインという形で案内などがあります。天気予報とかあって嬉しいです。

写真左の方にある木枠の部分にエアコンのコントロールがあるんですが、わかりますか?おそらく、温度調整させないように囲ってあるのかな。

逆に外国人には、わかりにくかったようです。

ゲストハウス Casa Noda (カサノダ)

CasaNoda(カサノダ)(1泊ドミトリー 2500円〜)

電話:095-800-2484
住所:長崎県長崎市元船町6−1 NSビル(GoogleMap
FB:https://www.facebook.com/casanoda/

おわりに

こちらのオーナーさんは、繁華街の方で「カサブランカ ゲストハウス」も経営されているようです。白基調でオシャレそう。どっちに泊まろうか迷ったけど、僕は駅近を選んで泊まってみました。

ある程度オペレーションも出来上がっていそうでした。スタッフも21時にはいなくなるし、働きやすいのかな

でも、ほとんどスタッフルームにいたような気もしました。

なんだか、外国にあるゲストハウスのような感覚で過ごせました。しかも宿泊者も少なかったので、夜遅くまで共有スペースでゆっくりできました。

アパートみたいな形のゲストハウスは初めてだったのでちょっと面白いなと思いました。

 - ゲストハウス紹介 , , , , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスの立ち上げやマーケティングを経験。現在は退社して次の仕事模索中。金沢ではシェアハウスもやっています。