リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフとして奮闘中。

WEBサイトを作るときにはFの法則かZの法則に従う事。

   


Amazonも使っている。ゲストハウスもホームページを作るときに気を付けたいFの法則やZの法則はご存知ですか。2つの法則を使ってゲストハウスのWEBページを作ればより集客に繋がるかもしれません。最近は、テンプレートやブログなど自動でデザインしWEBサイトを作るサービスもありますが、基本的にはこの法則を使っています。

Fの法則

当サイトもFの法則で、まさに人の視線は左側に集まるので左側にコンテンツが並べられていることがわかるはずだ。主に読み物系などに使われるのがこのデザインである。また、WEBサイトに関しても基本的に読み物なのでこのような形が多い。新宿のホテルかどやホテルもFの法則を利用している。左にコンテンツが集まっていることがわかる。

鎌倉ゲストハウス

Fkamakuraguesthouse

鎌倉ゲストハウス

鎌倉ゲストハウスさんは左に読んでほしいコンテンツや記事を並べられています。

Zの法則

最近は、この形のサイトも増えています。Zの法則はチラシやなどの紙媒体でも使われることが多く、みなさんもチラシを見るときは左→右→左下→右下の順にZのように見ていることが多いと思います。

最近は、WIX.comというサイトを付けば初心者でもサイトが作れます。ゲストハウスのWEBサイトでも利用しているとこが多くあります。下に広告は入ります。また、jQueryやWordpressというものを使ったWEBサイトも多いです。広告デザイナーによる浜松ゲストハウスプロジェクトさんでも、jQueryを使った宿に関して「ゲストハウスホームページの流行」で取り上げています。

Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

Znui

Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

Nui.さんのサイトはZの法則に従って読んでほしいコンテンツや記事を並べられています。

UserHeatを使う。

userheat

userheat

ユーザーの際との動きを検証できるユーザーヒートというものがある。無料のツールなので、是非自分のWEBサイトを検証してみて、一番目に行く場所に何を置くべきか考えてみてはどうだろうか。

おわりに

WEBサイトの基礎やチラシ、配布物を作る基礎としても知っておきたいFの法則とZの法則。Amazonでは、メインページはZの法則、商品ページはFの法則とうまく2つの法則を織り交ぜてユーザーが見やすく、使いやすいサイトを実現していることがわかる。

主に、WEBサイトを見て来られるゲストは、日本人が圧倒的に多い様な気がします(もちろん、外国人にWEBサイトを見たか確認しているわけではないが)。

是非とも、自分の宿のコンセプトや、思いに合わせてこの法則をうまく組み合わせてお客様がもっと見たくなるWEBサイト作りに力を入れてみてはいかがでしょうか。

 - ゲストハウスで働く, ゲストハウス紹介 , , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」で働いてます。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。