リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフとして奮闘中。

日本のゲストハウスに泊る理由は安いだけじゃない5つの魅力。

      2015/11/20


私は旅をしていた当時、お金がなくてゲストハウスを泊り歩いていた。ゲストハウスが嫌いではなく、一人で旅するならゲストハウスは安くていいなと思っていた。でも、海外に出た事のない人はゲストハウスをあまり知ることはない。現に、友人に”ゲストハウス”の話をしても「それって何?」という会話に繋がる。

だが、最近多くのゲストハウスが誕生している。その魅力とはなんなのか。少し考えてみる。

01.価格

日本のゲストハウスの平均価格帯は3000円~となっています。都心はもう少し高額になることも。また、最安は沖縄県で、1800円~という価格帯でやられているようです。(参考:THEゲストハウス,2008年)

一般のホテルだと少し高くなりがちです。素泊まりのドミトリー(相部屋)にすることで、この価格が実現する。本の物価ではこれくらいですが、東南アジアだと数百円から泊れるドミトリー(相部屋)も存在している。安いのは、旅行者(特にバックパッカー)にとって魅力の一つです。

02.清潔

日本と言えば、綺麗な国で有名。日本のゲストハウスは掃除が行き届いており、清潔で快適な宿泊がでる。ほとんど安いホテルとも変わりないのではないでしょうか。逆に、海外に行くと水回りが汚かったり不便なことが多いこともよくある。

03.ゲスト同士の交流

共有スペース(パブリックスペース)では、会話や、無料のお茶、コーヒーがセルフサービス楽しむことができる。

たこ焼きパーティーや浴衣試着、無料デイツアーなど、宿泊客以外の近隣住人参加型のイベントも提供する施設もあるとのことです。(allabout)

以前に紹介した記事「イベントが盛んなゲストハウス。週末に行って楽しい経験ができる8選」にもあったように、パーティーなどのイベント・近隣住人参加型のイベントを行う事とこも多い。日本の伝統文化、生活に触れることができるのも魅力の一つ。

04.国際交流の場である

ゲストハウスの浸透は、日本では少ないが海外ではかなり有名。外国人が日本に来るとき、ゲストハウスを選ぶことは多い。だから、ゲストハウスには、必然的に色々な国の外国人が集まり、国際交流の場が生まれる。国際交流や英語が話したいなって思ったらゲストハウスへ行くといい。

海外からの旅行者も数多く利用しています。ゲストハウスによっては外国人比率が8割以上というところもあります。(guesthouse press)

日本人のリピーターが多い所もあれば、外国人向けに営業を頑張っている宿もあるということですね。8割以上ともなると、もはや自分が外国人かも!?

05.個性がある

ホテルとなると、ある程度つくりが一緒だったり、マニュアル通りの対応が一般的となっている。それに比べて、ゲストハウスは小さな簡易宿泊施設であるがゆえに、オーナーやスタッフを身近に感じることができる。それと同時に様々なイベント情報や、穴場のお店なども気軽に話しかけて情報をもらうことができる。また、低予算で作られるゲストハウスが多く、小物や、建物の造りにも個性が見えたりする。

僕が初めて札幌で訪ねたゲストハウスで今回で5回目くらいの訪問です。
とてもお世話になっております。(面白ハンター.com)

面白ハンターさんでは、ゲストハウスやすべぇの魅力に惹かれてかなりのリピーターとなっている。

実際に泊っている方の感想。

ゲストハウスの魅力(京都編)(Maasaのブログ)
萩のゲストハウスrucoさんの魅力(たちばなブログ)
日帰りじゃもったいない♪ 鎌倉の”ゲストハウス”に泊まってみよう!(キナリノ)
日本一周ゲストハウス巡りの旅をした僕がゲストハウスの魅力を紹介します(手品師の田舎暮らし)
【ビジネスホテルの半額以下】国内で「ゲストハウス」にわざわざ泊まる人が増えてる?(excite)

おわりに

色々なことがゲストハウスでは体験することができます。
日本のゲストハウスで働くまでは「ゲストハウスは安い場所」としか考えたことがなかったのですが、実際に色々な工夫を思いを持って集客する必要があることを実感しています。個人的には、ゲストハウスでは普通の泊るだけの宿ではなく、宿でも楽しむことが出来るそんな場所にもなるといいなと勝手に考えています。それは、建築的なものでも、内装的なものでも、居心地的なものでもいいと思います。

日本のゲストハウスはそれぞれに個性が感じられる。その魅力に泊ってみて気づいてもらいたい。そして、ゲストハウスと言う言葉の認知度や浸透がさらに深まることを願う。

 - ゲストハウスで働く , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」で働いてます。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。