リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフでマネージャーとして奮闘中。

ゲストハウスにこそ大切なSNSの活用方法とまとめ。

   


ゲストハウスの経営を見ていてSNSって重要な要素の一だと思います。Twitter,Facebook,instagram,LINEなどソーシャルメディアやインターネット検索が当たり前の日常。地域社会や日本、世界に向けて発信できるソーシャルメディアをうまく活用することで、集客やゲストとつながることができる。今回は、SNSについてまとめてみた。

SNSを活用しませんか

ソーシャルメディアって大変だ。その割に、効果ってどれくらい見込めるのかわからない。じゃあやめよう。そうやって考えてしまうのが普通かもしれない…が、その地道な作業こそ、ファンを増やし、口コミを広げることにもつながるのではないだろうか。また、訪れたゲストのその後や、また来たくなるようなマーケティングなども含め、コミュニケーションを大切にしていくことも必要ではないでしょうか。現在、人気のありそうなSNS(ソーシャルメディア)をいくつか取り上げてまとめてみました。

Facebook

facebook

Facebook

月間アクティブユーザー:14億4,000万人(2015年6月末)
モバイルユーザー:12億5,000万人(2015年6月)
国内ユーザ数:推定2400万人(2015年3月)
参考「Facebook公式サイト」「セレージャテクノロジー

日本でも一時期爆発的なブームの起こったfacebook。最近はfacebookに疲れ離れていくユーザーも多いが、更新せずともタイムラインやニュースフィードのチェックをしている人は多いようだ。世界で最もユーザー数が多い。

20代~上の世代ではほとんどの人が利用していそうです。

ゲストハウスでは

僕は、facebook担当です。多くのゲストハウスが利用するfacebook。なぜかというと外国人ゲストは、ほぼ全員宿でfacebookチェックしています。それだけユーザーが多い。多くのゲストハウスではお客様が訪れるたびに写真を撮って「本日のゲスト」としてアップするなどして外国人のお客様からの「イイネ!」を多く獲得する。自分が写っているのは外国人にとっては喜ばれることが多い。「本日のゲスト」という同じカタチにせず今後新たな発信・情報を提案していくと、より喜ばれそう

LINE

line

LINE

月間アクティブユーザー数:約2億1,100万人(2015年6月末)
国内ユーザ数:5800万人以上(2015年6月末)
※国内人口の40%以上を占める。
LINE公式サイト」「毎日新聞(経済プレミア)

トップシェアを占める4カ国(日本、タイ、台湾、インドネシア)が半数以上利用。日本では、会社などの連絡事項にも使うところも。LINE@アカウントが利用可能になり、多くの企業がLINEでもアカウントを持つようになってきた。国内ユーザー数も最も多い。

国内の老若男女問わずスマホを持っているほとんどの方は利用してるでしょう。

ゲストハウスでは

当ゲストハウスでは予約時にLINE@からの予約も可能にしている。たまにLINE@を利用して予約をしてくれるゲストに話を聞くと皆さん「はじめて」が多いみたいです。ほとんどの日本人はLINEアカウントは持っているので、気軽に予約できそうですね。 ゲストハウスでは、リピーターなどに対して情報発信や、電話予約の代わりに使えるのではないでしょうか。

LINE@ナビ」では、ゲストハウスで検索すると現在12~13件程のゲストハウスさんが登録されています。うまく活用できるといいですよね。

Twitter

twitter

Twitter

月間アクティブユーザー:3億1600万人(2015年6月末)
モバイルユーザー:アクティブユーザーの8割
国内ユーザ数:1980万人
参考「twitter公式サイト」「emarketer

まちツイにおける人口1万人あたりTwitterユーザー数の全国平均は151.20人。最も多いのは東京都で369.82人。2位以下は京都府、大阪府、神奈川県と続いている。一方、最もユーザーが少ないのは佐賀県で63.67人。長崎県や山口県、島根県など地方でユーザーが少ない。(引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性)

こちらも日本で大人気のSNS。正確な情報ではありませんが、2013年国内のtwitterユーザー数でみると、都心には利用者が多いが田舎にはあまりいない事がわかる。当時、僕も始めてみたものの、使い方は未だに完全には把握できていない。緊急情報など、知らない人が先につぶやいてくれ、知ることができることなどで活用している。

利用者は18歳~24歳の若い人が多いです。(iPhoneManiaより)

ゲストハウスでは

ゲストハウスでの活用としてはイベント情報を流したり、やはりゲストの写真を乗せたり、空室が出たときは、つぶやくのもあり。また、ゲストハウスに関するつぶやき等もあるので、ゲストハウス同士でのフォローも面白いかもしれません。

 

Instagram

instagram

Instagram

月間アクティブユーザー:3億人(2015年9月現在)
シェアされた写真:300億枚以上
1日にシェアされる写真:平均7,000万
Instagram公式サイト

国内でのユーザー数はどれほどか公開されていないが、アクティブユーザーはtwitterと同じくらい。僕もあまり使い方は分かっていないが、写真と共につぶやくことが必要で、検索はハッシュタグを付けることが大事。twitterと違い、簡単にいいね(ハートマーク)を付けシェアが可能な他、写真があり交流しやすい。ダイレクトメッセージ機能など、気軽にコミュニケーションも取れる。

7割が女性で、20代が一番多いです。(App Ape)

現在上り調子でユーザーが増えている状況下の為、インスタを使ったイベントなどでマーケティングをしている企業も多数あります。また、様々な企業が活用しているようで、国内ユーザー急増中!Instagramを活用したキャンペーン事例 業界別まとめ【第2弾】(SMMLab)という記事もありました。国内で一番人気なのはトヨタ社。他にも国内Instagram人気ランキングなどを参考にしてみては?

ゲストハウスでは

japagram:ゲストハウスで、いくつかのゲストハウスのInstagramを見てみました。ゲストハウスでの利用としては、既に利用されているゲストハウスさんではモノや、場所、食事を撮られている方が多いようです。もちろんゲストが映っていることも。Instagramの場合、お洒落だったり綺麗に撮ることで多くの「いいね」を狙えます。ハッシュタグを活用し、多くの人に知ってもらう機会を作れるかもしれません。

おわりに

更新頻度等も考えながら自分たちが管理できる程度にしましょう。多くのSNSが連携させることができるため、一斉にすべてを更新することも可能です。ただ、全て同じ写真や文字っていうのは、ユーザー側としては面白くないですよね。宿の方針や形に従って、SNSの活用を考えながら積極的に挑戦してみてはどうですか。

この他にもPinterestやWeChatなど外国人も多く利用しているSNSはたくさんあります。個人的に実際に体験して感じていることも含めて書かせていただきましたが、外国人を相手にするのであれば、海外のSNSを導入するのも一つの手かもしれません。

 - ゲストハウスで働く , , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」でマネージャーとして奮闘中。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。