リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフとして奮闘中。

高知県のゲストハウス(ホステル)8件+2件まとめ

      2017/08/27


四国に位置する高知県。坂本竜馬ゆかりの地でもあります。高知県は海や四万十川をはじめとした川のイメージなど、自然と温暖な気候に魅力を感じる人も多いはず。観光地としては、高知城をはじめ、桂浜や土佐の青空市、四万十川などがあるほか、お遍路で16箇所の霊場がある。高知県にあるゲストハウス(ホステルまとめてご紹介します。

ゲストハウス40010(SHIMANTO)

ゲストハウス40010(1泊3,000円~)

電話:080-7960-3382
住所:高知県高岡郡四万十町仁井田1179-1(GoogleMap
FB:http://www.facebook.com/guesthouse40010

2017年5月にオープンしたゲストハウス。高知県にUターンした元小学校教員、松本綾香さんが、27歳で開業。教員時代に中国・上海で留学歴があり、中国語に対応できるとのことで、日本人のみならず外国人のゲストも多そう。

かつおゲストハウス

かつおゲストハウス(1泊2,800円~)

電話:070-5352-1167
住所:高知県高知市比島町4丁目7-28(GoogleMap
FB:http://www.facebook.com/katsuoguesthouse/

高知駅北口から徒歩12分。元ヒッピーと地元タウン誌の元副編集長だったオーナーの高知を愛する気持ちがたっぷり詰まったゲストハウス。各部屋には「桂浜の湯」「四万十トイレ」「室戸トイレ」「ゆずルーム」「おきゃく(宴会)ルーム」など、高知の名産、文化にちなんだ遊び心のある客室が楽しめます。

はりまや橋ゲストハウス

はりまや橋ゲストハウス(1泊2,600円~)

電話:070-4032-6308
住所:高知県高知市はりまや町はりまや町1丁目6-11(GoogleMap
FB:http://facebook.com/harimayabashi.guesthouse/

2015年8月にオープンしたゲストハウス。1661年から続く魚の棚商店街内にありますよ。高知駅からとさでん桟橋線の蓮池町通駅からだと徒歩4分です。高知駅から徒歩12分に位置しており、カプセルタイプでプライバシーも充実。

現在の店主は「片岡、100年越しの故郷へ。」というブログを持つ片岡さん。赤と白のボーダーがトレードマークの片岡さんは、ウォーリーそっくり。高知のローカルブロガーとしても活躍しています。ゲストハウス関連記事も時々書かれています。

ゲストハウス大岐ビーチ

ゲストハウス大岐ビーチ(1泊2,500円~)

電話:070-4196-7900
住所:高知県土佐清水市大岐884-23(GoogleMap
FB:http://www.facebook.com/guesthouseokibeach/

通常スタッフは不在というゲストハウス。四万十市(車・バイク)、下ノ加江ローソン(自転車)、大岐(徒歩)あたりからメールか電話連絡するシステムだ。大岐純白の砂浜と青い海が絶景の大岐ビーチの近くにある。大岐ビーチでは、ウミガメも産卵もあるらしい。

ゲストハウスジョイント宿夢(2017年9月から休業

ゲストハウスジョイント宿夢(1泊3,000円~)

電話:0880-79-0317
住所:高知県宿毛市宇須々木31番地(GoogleMap
FB:http://www.facebook.com/AYMsukumo/

ジョイント宿夢では、旅人を『風の人』、地元にお住まいの方を『土の人』と考え、その両方が交流することで新しい『風土』ができていく。そんな空間でありたいと思っています。

かっぱバックパッカーズ

かっぱバックパッカーズ(1泊2800円~)

電話:090-5278-4402
住所:高知県高岡郡四万十町十川223-1(GoogleMap
FB:http://www.facebook.com/kappa.bps/

四万十初のゲストハウスが2016年10月にオープン。四万十川まで徒歩3分。かっぱをテーマに、元四万十町観光協会のオーナー村岡さんが作った四万十の愛溢れる宿。ホームページも可愛くて、泊まりたくなってしまう魅力満載です。

かつおゲストハウスも手掛けたHippy★Tippyの田井地夫婦もお手伝いされています。

ゲストハウス 縁-en-

ゲストハウス 縁-en-(1泊4500円~)

電話:0889-27-2530
住所:高知県高岡郡越知町片岡4322番地(GoogleMap
FB:https://www.facebook.com/ゲストハウス-縁-en–607517502733478/

高知駅から車で1時間半にあるゲストハウス。建屋は、築70年の日本家屋を利用して造ったゲストハウスで、個室3部屋のみ。朝食も別料金でつけれるほか、BBQも可能。五右衛門風呂や、各種アクティビティに必要な道具のレンタルも行っている。

古いけど、どこが懐かしい、昔の家で寛ぎにいってみてはいかがでしょうか。

LuLuLu(ルルル-ゲストハウス&シェアハウス&カフェ-)

LuLuLu(1泊4000円~)

電話:088-877-5605
住所:高知県高知市旭町2丁目2(GoogleMap
FB:http://www.facebook.com/cafelululu/

こちらも高知駅からとさでん電車で旭町駅まで約10分。駅から徒歩1分にあるゲストハウス。現在ドミトリーはなく、すべて個室貸し。カフェとシェアハウスも併設しており、現在44歳の女性オーナーが、不動産好きが高じて、高知初のシェアハウスを運営、そしてゲストハウス・カフェも併設したようです。

体験型宿泊施設

Wilderness Village 四万十塾

Wilderness Village 四万十塾(1泊6000円~)

宿泊できるのは、ネイチャーライフ体験ができるシ・マムタの里。朝夕食付のプランとなっています。四万十塾のカヌートレックを体験がてら泊まるのもありですね。いろいろ合わせるとかなりの金額になりますが、大自然の体験をしたい人にはたまらないですよね!

自遊学校

自遊学校(1泊3000円~)

廃校に泊まれるという体験!ベッドが並んだ教室で眠る不思議な体験が3000円~可能です。校内通貨があったり、電灯は使わずランプのみであったりと、なんだか不思議な空間。WEBサイトでは謎が多そうですが、Twitterなどは頻度に更新されていて雰囲気がわかるかも。

とにかく、ド田舎で寝泊まりしたい人には持って来いではないでしょうか?

おわりに

高知だけに、郊外の宿は自然をウリに運営している宿ばかりでした。

まだ行ったことない四国だけにちょっと行ってみたくもなりました。

本場の高知駅近くにゲストハウスがないのも不思議だなと感じました。

 - ゲストハウス紹介 , , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」で働いてます。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。