リビングゲストハウス

2019年3月に金沢駅前の商店街通りに個室3つの小さなゲストハウス(宿)「SHARIN」開業予定。お手伝い・フリアコ募集中!

民泊事業法で営業許可が降りたら登録したい大手3社サイト

      2018/12/17


民泊新法により住宅宿泊事業法ができた2018年の日本。さて、住宅事業法では、旅館業と少し違います。そんな民泊での許可は取ったものの、旅館業とは違い、掲載させてくれるサイトは通常の宿泊施設と変わってきます。その中でも、まずは押さえておきたい大手3社のサイトご紹介いたします。これからスタートする人はすぐに登録してみてはいかがですか?

Booking.com

Booking.com施設登録へ進む

確実に抑えるべきなのは、Booking.comさん。

予約サイト(OTA)の中で、Booking.comからの予約率が一番高いという宿はたくさんあります。

民泊新法の住宅宿泊事業法に対応しており、登録が可能です。

許可番号さえあれば登録当日に販売開始も可能です。

Airbnb

Airbnb施設登録に進む

言わずと知れたAirbnb。

以前は、許可番号なしで登録できましたが、日本と連携して違法民泊や、ヤミ民泊は一斉に削除されました。現状では許可番号のある宿泊施設しか登録できません。

こちらも、許可番号さえあれば、ほとんどが当日から販売可能です。

審査があるようですが、現段階(2018年11月時点)では、1日くらいで対応してくれそうでした。

登録番号、 「届出に使用」した名前(施設名やAirbnbのアカウント名というわけではございません)が必要です。

※僕の場合、登録時に「届出に使用」した名前を間違えたみたいで、数日間掲載から消えることがおきていたので、間違えないよう気をつけてください。

Vacation STAY

Vacation STAY(施設登録に進む)

楽天グループ会社が運営するVacationSTAY。楽天トラベルとは別物となっています。楽天グループが作る国内版Airbnbのようなものと捉えましょう。

こちらは、民泊宿泊事業法に対応し、登録ができます。

審査まで1〜3日ほどかかるので、まずは登録だけしておきましょう。

許可番号が必要です。

こちらに登録して販売を行うことで、予約管理に使う「ねっぱん」を無料で使えます。合わせて登録をオススメしています。

おわりに

僕自身も、4施設の簡易宿泊施設の開業準備から運営、予約管理、マーケティングを行なっていたのですが、住宅宿泊事業法と旅館業はやはり違うみたいです。

予約サイト大手のBooking.comはマストですし、民泊ならばAirbnbも押さえておきたいところ。(※地域によっては、他のOTAが強い場合もあります。)

今後の予約販路を拡大のためにVacationStayにも早めに登録しておくことが、民泊での販路、集客拡大に繋がるような気がします。

こういった壁もあるなら簡易宿泊施設にして旅館業で許可をとる方がより良いのかなって改めて思いました

また、旅館業で許可を取ったなら「インバウンド集客と外国人ターゲットに使える宿泊予約サイト7つまとめ」を参考にできるだけ多くのチャネル登録をオススメしますよ!

 - ゲストハウスを作る, ゲストハウスマネジメント , , , , , , , , , , , , ,

石川県金沢市の中心地”片町”で、ゲストハウス「リバーサイドステイ金沢」を経営。3年でゲストハウスの立ち上げやマーケティングを4施設携わる。