リビングゲストハウス

2019年4月に金沢駅前の商店街に個室3つの小さなゲストハウス(宿)「SHARIN」開業。お手伝い・フリアコ募集中!

新型コロナウィルスによる小さな宿ができる対策と見極め

   


新型コロナウィルスによって石川県金沢市も同じく打撃を受けております。当宿も、2019年4月にオープンしたにもかかわらず、1年経たずして被害を受けております。この自体に小さな宿やゲストハウスで、一体どんな取り組みができるのか。このまま続けるべきなのか。融資を受けることを選んだ僕が行った措置や対策などをご紹介しいたいます。

①銀行との相談

僕の場合は、ほとんど借り入れで作った宿でした。東京でコロナの話が始まり出した頃に銀行さんも動き出しており、ご連絡をいただきました。

県の融資精度、日本政策金融公庫の融資精度を教えていただきました。

石川県:新型コロナウイルス感染症特別融資の創設(令和2年3月25日開始)

公庫:新型コロナウイルス感染症特別貸付

どちらも、融資であり、実質的には借金すると言う形です。それだけに、今の借金があったので迷いました。

金沢市:金沢市宿泊施設魅力向上等奨励事業

金沢市では奨励金がでるそうです。対象施設には別途郵送で書類が届くので基本的には届いた宿のみが対象らしいです。とりあえず、ちょっとだけですが、助かります。

②家賃交渉

休業されるとこや、本当に予約率は減り実質的休業に近くなるこの期間は家賃交渉も有りかと思います。

旅館、ホテル休館広がる 石川県内、最長6月末まで(北國新聞)」って記事も出ていて被害は広がっていますね。

③OTA停止、PMS、サイトコントローラー停止または休止

photo credit: longreach Stop sign 2361 via photopin (license)

まず、外国のお客様がほとんど入ってこれない以上、一旦外国向けのOTAは停止等も視野に入れるべきでしょう。

また、予約数も減ってきているのであれば、手動の予約管理に切り替えるのもありです。

まずは、固定費の削減。

ねっぱんの停止は、サイトコントローラーなどに詳しい川島さん(@maidokawashima)のブログ記事「やむなく休館して、ねっぱん!++をしばらく利用停止したい施設様へ」をご参考にしてみてください。

解約すると次回再開する時は、設定手数料などかかるので、また再開するのであれば停止をおすすめします。

④借りる意味があるのか、その先の見極め

2店舗目以降の展開や他事業が可能であれば、借りてOK。

この情勢で、さらに攻めに転じる勇気があればもちろん借りるべきでしょう。実際、多くのゲストハウスや宿泊施設はこれを機にやめたりするだろう。もし、余裕があるなら「TRANBI(M&A)」に格安で宿を出ている可能性もあるのでチェックしてみるといいかも。

返済期間伸びていいなら借りてOK。

うちの宿の場合はこの店舗だけで生き延びていくことを選択すれば、返済期間や金額が伸びる一方。もちろん、観光業が再び盛り上がったときに拡大するという選択肢もある。

また、宿泊施設が淘汰されることも予測されるが、どれくらコロナが続くのか、それによって収束後、観光客が戻ってくるまでの期間が変わりそうだし、誰も予測できない。中には、2年戻ってこないと言う人もいる。

おわりに

僕はと言うと、とりあえず「返済期間伸びていいなら借りてOK。」を選択して再度借り入れをすることにしました。凶と出るか吉と出るか、世界の誰もがわかりませんが、旅や旅行の力を信じて、もうしばらくこの業界にしがみついてみようと思います。

借り入れ自体は、通常の手続きよりかなりスムーズに行っていただけました(僕の場合は4月上旬で書類を出して1週間以内で降りました)。

ちなみに、普通の観測で言うとやはり2年くらいは外国人は少なくなると思います。国内旅行もいろいろとコロナ対策ができたとしても、回復するのは早くて秋頃ではないでしょうか?

ただ、この業界から前向きな方向で見ると、オリンピックまでには回復して欲しいと思います。

 - ゲストハウスで働く, ゲストハウスマネジメント , , , , , , , , , ,