リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフとして奮闘中。

簡易宿所と呼ばれるゲストハウスにシャワーはいくつ必要か

      2017/02/18


ゲストのレビューにも結構書かれることのある水回りに関すること。その中でも、シャワーやトイレに関しては清潔であることさながら、数が少なくて「シャワーが少なくて待たされた」などと書かれてしまうこともある。一体何台つければ効率的なのか考えてみた。また、実際にシャワーを一人当たりどれくらい使うのか、気になる高熱費となるのガス、水道代はいくらなのかも調べてみました。

シャワーは作らなくても良い?

ホテルなどは基本的には客室に一台はついていますよね。

まず、簡易宿所に浴室やシャワーは必要なのかということ。

旅館業法施行令1-3-4に

当該施設に近接して公衆浴場がある等入浴に支障をきたさないと認められる場合を除き、宿泊者の需要を満たすことができる規模の入浴設備を有すること

とあります。

しかし、

簡易宿所許可について都市伝説的に言われている、近くに銭湯があればお風呂いらないんでしょ問題(勝手に命名しましたw)、の発端の部分ですね。確かに文言だけ見れば近隣に入浴設備があれば、簡易宿所には入浴設備はいらないと言っています。

しかし、実際の運用で「近くに銭湯あればフロいらねーよ」といっている自治体を僕は知りません。

民泊実務集団Team NanatsuBa」によると、基本的には作らないと許可しない自治体が多いようです。こちらは、開業される方は確認必須ですね。

でも、どちらにしても宿内でシャワーも浴びれないとなると、結構レビューにも書かれそうなのでやはりつけたほうが良いでしょう。

一人当たりの時間どれくらい?

シャワールームで服を脱ぎ始めてからシャワーを浴びて体を拭き服を着るところまで、仮に15分とします(女性はもうちょっとかかるかもしれません)。

すると、とても効率よく回してもらうとしても、15名×15分=225分。つまり、最初の人がシャワーを浴び始めてから最後の人が浴び終わるまで、4時間近く(!)もかかってしまうのです。

現在クラウドファンディングで「築100年の古民家ゲストハウスにシャワーを増やしたい!」に挑戦中にゲストハウス有鄰庵さんは、一人の使用時間が服を脱ぎ始めてシャワーを終えて出るまで一人15分と仮定、15名×15分=225分。で4時間がかかると書かれています。

次に、

国立研究開発法人産業技術総合研究所によると、男性平均は夏冬8分、女性平均は夏9分冬10分。

国立研究開発法人産業技術総合研究所によると、年齢が上がるほどシャワー利用時間は短くなるよう。一都市3県での調査です。

これらのデータを元にするとやはり、1人当たり15分ほどかかりそうです。ちなみに、僕は約5分

平均的に10名に1台または、15名で2~3台シャワーが欲しいところでしょう。ちなみに、うちの宿は20名程度に対してちょうど2台。これでも、時々「シャワーが少なく待たされた」なんてレビューが書かれるのだ。

だけど、逆に東京で有名なtoco.さんでは、相部屋3室計20名、個室2つで、計27名泊まれるのに対して2台だったりもします

どこのゲストハウスも基本的には近場の銭湯などを紹介しています。

ガスや水道代は?

ちなみに、一人当たりのシャワーのガス代や水道代っていくらくらいなのか調べてみました。

シャワー1分間のガス代約5.8円(引用:エネチェンジ)

これは一例ですが、これが1分間のガス代だそうです。

水道料金の合計÷使用量(㎥)=1㎥あたりの値段
1㎥あたりの値段÷1000=1Lの値段

我が家は、1㎥あたり268.9円、つまり1Lが0.2689円という計算でした。(引用:NAVERまとめ)

このまとめでは、東京都23区・日野 稲城 多摩 町田 八王子市下水道料金となっています。都道府県、市町村によって違うので変動はあります。

1分間出しっぱなしで、シャワーは12Lくらい使われるため、1分間0.2689円×12L=3.22268円となります。

で、シャワールームにいて、出しっぱなしということはないものの、合計5分使ってたとして仮定しましょう。

29円(ガス代5分)+16.134円(水道代5分)=45.134円となります。

ということで、1回のシャワー代は大きく見積もっても100円はいかなさそうです。

ただ、うちの宿では1時間近くシャワーに入っていたゲストもいたし、そういった場合は怖いですね。外国人の方が、基本的には節水意識も高くシャワーも早いはずなので、外国人が多い宿は安く抑えることができるかもしれません。

意外と大事な水回り

TOTOの「宿泊施設で重視する設備は?」調査によれば、Wifi→浴室→トイレの順に重視するとの結果も出ていますので、水回りの施工・改修はできるだけ手を掛けたほうが良いかもしれません。

おわりに

水回りは開業するときにしっかり作っておかないと、後々改修や増設にはかなりお金もかさむ部分だと思います。設計上寝室と近いと、夜の使用は禁止などとなってしまうこともありますので設計の段階で設置場所も考慮したいですね。

ゲストが快適に過ごせるよう、近場の銭湯と連携したり、相談、効率を考えたうえで何台設置するか考えるべきだと思いました。

また、浴室掃除は少し大変だったりもします。個人的にはあまり広くないほうが掃除のしやすさ、浴室内の温かいさも維持されて、ちょっと狭いけど効率的ではないかと思いました。

 - ゲストハウスで働く, ゲストハウスマネジメント , , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」で働いてます。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。