リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフでマネージャーとして奮闘中。

ゲストハウススタッフをやってみて感じた向いている人や必要な能力・スキル3つ。

   


ゲストハウススタッフに向いている人はどんな人か。宿の印象は、出会った瞬間のオーナーやスタッフの印象が影響するかもしれません。今回は、どの宿でも必要なゲストハウススタッフになる上で、最低限のスキルを考えてみました。フリアコやヘルパーで働く・手伝う為に必要だなと感じた事を紹介します。

01.掃除ができること

ゲストハウススタッフに最も必要なスキルは掃除だと思います。というのも、ゲストハウスの業務のメインは掃除・接客になるからです。日本のゲストハウスは清潔であることがあげられます。その為にも、掃除をしっかりしていくことが重要です。特に水回りは重要だと思っています。メインの仕事だけに一生懸命頑張れる人がいいと思います。

また設備が共有だからといって、不潔だったり、ぞんざいな管理が為されていたりなんてことはありません。とりわけ日本のゲストハウスは、普通のホテルと同じくらい掃除が行き届いて清潔なことで有名ですよ。

東京にあるゲストハウスWASABIさんのゲストハウスわさびコラムでも、このように説明しています。

「塵ひとつ逃すな」とは言いませんが、訪れたゲストが不快に思わないように努めなければいけません。※綺麗好きのゲストもいるでしょう。

02.接客やコミュニケーションが楽しめること

ゲストハウスの雰囲気を作るのはスタッフやオーナーです。ゲストに合わせた態度をとる宿、宿のコンセプトに合わせて、態度を変えずにずっとクールだったり明るかったりする宿。いろいろあると思います。どのような接客にしても、お客様と交流することが大切である点だけは間違いないのではないでしょうか。ちなみに、英語ができなくても、コミュニケーションを取りに行こうとする態度があれば、大丈夫です。

ゲストの要望や態度をさりげなく見つけたり、提供したりすることができると、より良い接客になるでしょう。

03.半分自由になること

1508291

ゲストハウスに住んでいると、ほとんどがゲストと過ごす時間になります。それを”仕事”と割り切るのはかなり難しい事になります。なので、良い意味で半分は自由に過ごすことが大切です。あるときは、ゲストとご飯やお酒を飲んだり、飲みに出かけたり。あるときは、ゲストと一緒に観光に出かけてみたり、イベントに参加したり。いい意味で、遊び半分・仕事半分の気持ちで働くことができなければ、きついかもしれません。

アットホームな感じやフレンドリーなスタッフやオーナー、ゲストハウスの魅力ではないでしょうか。

おわりに

まだまだ必要なことがあると思いますが、この3点がしっかりできていれば問題ないと思います。これらを押さえながらヘルパーやスタッフとして自由な時間や、滞在の時間を楽しむことができれば、スタッフに向いているのではないかなと思います。しっかりと給料を頂いて働くのであれば、必要なスキルが増えてきます。

 - ゲストハウスで働く, スタッフの日常 , , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」でマネージャーとして奮闘中。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。