リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフとして奮闘中。

ゲストハウスに住んで2か月経っての1日のスケジュールをまとめてみた。

      2015/08/13


以前に「ゲストハウスのヘルパーの仕事、一日の流れを考えてみる。」で自分の1日のスケジュールも紹介しました。今回は改めて開業から2か月の現在をご紹介したいと思います。スタッフも新たに数名増えました。そうなってくるとスケジュールも変わってくる点や、慣れた点が出てきましたのでご紹介します。

ゲストハウススタッフの1日スケジュール(開業から2か月)

7:00~10:00

起床してお客様の見送りをしたり、だらだらと寝ています。朝は、オーナーが7時にやってくるので、基本的にはゆっくり過ごしています。リビングが近く、コーヒーの香りやゲストの会話で起きることも。

10:00~12:00

掃除。以前も紹介したとおり掃除してます。チェックアウトが10:00なので、基本的には多少寝ているゲストがいてもおかまいなしです。スタッフがもう一人手伝いに来てくれます。なので、オーナーを含めて2人~3人で掃除をしています。

13:00~15:00

スタッフ3人で昼食を取り休憩。いわゆる中抜けという時間になります。手伝いのスタッフはバイトにいったり、出かけたり。とはいえ、ゲストが宿に籠っていたり、荷物を預けに来ることもあります。基本的には、オーナーか自分が残って宿番をしています。お昼寝することもあります。

15:00~midnight

基本的にはゲストの到着を待つだけです。パソコンで他のゲストハウス情報を調べたり、携帯をいじったり、内職があればやったり、ゲストが来れば、一緒に旅程を考えたりします。間にオーナーが作ってくれる夕食も頂きます。基本的には、夜ももう一人のスタッフが21時くらいまでいます。その後は、オーナーとゲストと時間を過ごします。夜まで帰ってこないゲストや、夜中に帰ってきて飲むゲストもたまにいます。そんな時は一緒に飲んだり、「電気宜しく」と伝えて眠たくてすぐ寝てしまったり。オーナーは23時~24時には帰宅しますので、夜中まで起きているお客さんがいたら相手をしています。

おわりに

開業から2か月が経ち、ほぼ、毎日上記のようなスケジュールとなってきました。このほかに、スタッフが二人でもオーナーが大体いてくれるので、たまに休みを取ったりしています。基本的には相変わらず朝はオーナーにまかせっきりの分、夜の相手できるだけ頑張って起きようとしていますが、最近は眠い事も。オーナーとスタッフが2~3人いることで、オーナーが持てる時間や、自分の持てる時間などがでてきました。2か月経ってこの感じがスタンダードで一番しっくりきているとは感じています。とはいえ、自分もフリアコです。ただ、住んでるだけじゃお金も溜まらず…。頑張ります。

 - ゲストハウスで働く, スタッフの日常 , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」で働いてます。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。