リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフとして奮闘中。

ゲストハウス巡り好きなオーナーが手掛ける高山のゲストハウス開業を手伝ってみた

   


ゲストハウスで働いていると、多く出会うのは開業希望者・起業希望者など「いずれゲストハウスを開業したい」という方の宿泊です。当ゲストハウスに何度も来てくれていた元開業希望者の熊本さんが手掛ける岐阜県高山市のゲストハウス「飛騨高山ゲストハウス tau」のリノベーションを手伝いしてきた時の話。ゲストハウスを作るのは大変だ!

実は、自分もいろいろと開業準備に携わってる

2軒目開業前に、徹夜でロッカーをひたすら作った

別に大工でも、建築士でもないんだけれども、個人的には、ゲストハウスのリノベは過去に2回も経験があります。

1軒目は「Good Neighbors Hostel」で、2軒目が現在働いている「Blue Hour Kanazawa」。

どちらもゲストハウスですが、規模も内装も、コンセプトも全然違うタイプなので、施工内容も異なります。

そんな自分の経験を活かせば、きっと役に立つはず!

サムライルート=金沢から高山へ!

photo credit: nhighberg Japan — June 2016 via photopin (license)

金沢~高山は「サムライルート」と呼ばれる旅行コース沿いにあり、間には世界遺産である白川郷合掌造りあります。

そんな人気の高山市、「岐阜県飛騨高山市のゲストハウス(ホステル)まとめ-TAKAYAMA GUESTHOUSE-」も書いていますよ。

サムライルートとは

日本ではなじみのない名称であるが、サムライルートとは、ヨーロッパの旅行会社によって命名された訪日外国人向けの旅行コースの1つで、名古屋または松本から高山を経由して北陸へ向かう旅行コースのことである。東京・京都・大阪を巡って観光をしつつ家電量販店で買い物をする団体客向けの「ゴールデンコース」とは対照的に、都会の喧騒を離れて古い町並みが残る高山や日本の原風景の1つである合掌造りの家などを巡れるコース(引用:Wikitravel

ゲストハウス巡り好きなオーナーの初体験

遡ること5年…ほど前。

どうしても宿が取れず、ゲストハウスに予約を取ったそうです。ゲストハウス初体験でもあり、そんな存在を知らなかったので、その格安な価格帯に驚き、車中泊の方が安全なんじゃないかと思うくらい、ビビったそうです。

実際に泊まってみると、多くの人と交流する機会があり、これをきっかけに、ゲストハウス開業を目指しながら、ゲストハウス巡りをしてきました。

飛騨高山ゲストハウス tau(たう)をつくる!!

2016年に新駅舎となった岐阜県高山市、高山駅白山口(西口)から徒歩3分に位置するのがゲストハウスtau。

元々古民家だった3F建ての建物は、ちょっとした木材の加工品などが販売されていたお店でした。

物件には人が住めないような傷みもあったそうで、まずは自分たちの居住空間を作るところからだったそうです。

今回のリノベーションでは、扉には、自然を感じられる木材を使用。内部も、廃材などを使って自然が感じられる雰囲気になっています。

〇〇な宿にしたい

ところで、ゲストハウスtau(たう)の、tauってどういう意味なのか、まったく分かりませんでした。

FacebookのMessangerで聞いてみたところ

そして

ゲストハウスtauへ訪れるゲストさんの思いにもう少しだけ手が届くようにの想いを込めて!

というコンセプトになりました!

たとえば旅行で来て観光の場所を決めてきているのであれば、そこについてもう少しよい情報、方法などお伝えする。

で、高山行きました。
到着早々、一緒に鍋ランチ

もはや、ゲストハウスで鍋パーティー!?

富山県から、友人とその友達も駆けつけてくれて3人で手伝いに伺いました。

すると、奥さんお手製の鍋が急に登場。「腹が減っては作業ができぬ」ばりに、たくさん食べさせていただきました。おいしくてあっという間にペロリ。ご飯もおかわりしちゃいました。

奥からオーナ熊本さんと手伝いに来た女性陣2人、僕と大工さんです。

ペンキ塗り

腹ごしらえが終わると、みんなでペンキ塗り。

これも、オーナーさんと大工さん二人で作ったそうです。

ここ最近主流になりつつあるポット型。プライバシーが確保されていてドミトリーなので、使い勝手は最高です。ちなみに今回は、これにベッドを保護するためのクリアの塗装をしました。

「よしよし、昔、自分の宿でも塗ったことのあるお馴染みのペンキだな…みんなうまくやってんな!」と思っていたら、僕には畳を作ってほしいとのご要望。

畳張り

ここをた畳張りに変えます。

こんな感じにやってきます。

不器用ながらも、とりあえず夜までかけてせっせと試行錯誤しながら作りました。

で、無事完成いたしました。

翌日

翌朝、僕は予定があり帰宅したのですが、助っ人2名は夕方まで手伝っていたそうです。

パテを削る作業

そして、ペンキ塗り塗り

マスキングテープ貼り貼り

開業まで遠そうに見えるんですが、ここまでくると実はあともう少し。物件探し、役所巡り方が時間がとられるなんてこともあります。

完成するのが楽しみですね。

飛騨高山ゲストハウスtau(たう)

飛騨高山ゲストハウス tau(1泊2900円~)

電話:0577-57-5771
住所:岐阜県高山市西之一色町2丁目84(GoogleMap

公式サイト・関連情報

公式サイト
公式ブログ「tau日記。」

公式Facebook

公式Youtube

最後に

移住し、骨を埋める覚悟でやってきたオーナー熊本さんとその奥さん。日本人を主なターゲットにしたいという思いも聞きました。

バーも併設ということで、高山での地域の方と旅人たちがうまく交差する新しい”かたちのゲストハウスを作り上げてくれるのではないでしょうか。

追記(2017.8月)

この記事は、3月末に書いており、現在は無事に開業、Booking.comのスコアも9.4を出しています。

是非、高山に行く際は遊び行ってみてはいかがでしょうか?

また、一緒に手伝いに行ったarakiが、いよいよゲストハウス開業に向けて奮闘中とのこと。

富山の遊び場」で連携して、開業まで奮闘記を綴っていきます。

 - ゲストハウスでの出来事, ゲストハウスで働く, ゲストハウスのテーマ/コンセプト, スタッフの日常 , , , , , , , , ,