リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフでマネージャーとして奮闘中。

ゲストハウスで働いてみようと思った理由と動機と主な傾向3つをまとめてみた。

      2015/08/13


ゲストハウスに住み込み始めてからあっという間に約1か月が経ちました。ゲストハウスのスタッフにどうしてなったのか、なるのかなって考えることがあります。そこで、いくつかスタッフになった例を挙げてみたいと思います。スタッフになるといっても色々なタイプがあると思います。そのタイプ別にご紹介したいと思います。

1.移住の拠点や、しばらく住むことを想定

新しい街に住みたいとき、家賃がないとかいい場所がない時などに、ゲストハウスのスタッフになることがあります。住み込みでお手伝いして家賃と食費を浮かしながら空いた時間で仕事をするタイプ。

家財は持たず、移動を繰り返しながら仮住まいで生活を続けることをやりたかったんです。家を捨てたのが1つ目の理由です。

2013年の記事「京都ゲストハウス住人のこぼれ話」ですが、上記のような理由だったみたいです。ちなみに働かれていた場所は「らんたん」。京都駅から徒歩12分で2F~5Fで運営されているゲストハウスで、5Fは団体でも使える部屋を完備している。2500円からとリーズナブルに泊まれる。

一ヶ月だけじゃったけど、ここで生活できてホンマに良かったわ。皆に会えて良かった。

へなちょこ裏方の徒然日記。」のj-hazukiさんは、岡山から東京に出てきて、就職するまでスタッフとしてフリアコで働いていたようだ。

確かに、移住の拠点やしばらく住む分には申し分ないですし、無駄な礼金や必要な敷金なしにすぐに移住できる点に関してはかなりの魅力である。

2.旅の途中で長期滞在してしてしまい住み込む。

長期滞在してその場所を気に入ったり、資金切れになった旅の結果、にフリアコで働くこともあるようだ。

旅の途中で街の居心地が良くなってしまうと、お金が減る一方だ。その中でも宿泊費は毎日必ずかかるものだから、それが浮くのであればかなり魅力的かもしれない。一度そのシステムを経験すると、さらに長く滞在してしまいそうな気もする。

3.ゲストハウスがやりたい

一番多いのがこのジャンルではないだろうか。将来的にゲストハウスを立ち上げたかったり、ゲストハウスの運営前に少し勉強でと言う事で働いている人が大半かも知れない。

お金は貯まっていないけど、もうなんでもいいから行っちゃえと思って、去年お店も辞めて思い切って京都に来ました(笑)。(yahoo)

京都・五条ゲストハウススタッフの麻田さんは、もともとお店をやっていたにも関わらず、どうしてもゲストハウスをやってみたい気持ちがあり、お店をたたんで京都の五条ゲストハウススタッフとして住み込みでヘルパーを始めた。カフェが併設しているほか、2007年より全部屋プライベート別館もオープンしている。

自分がスタッフになったのは単純に興味があったから

私が現在ゲストハウスに住み込むようになったのは、単純な話「興味があった」だけ。大学時代に初めて海外に行ったのをきっかけに、外国人との交流に面白みを感じバックパッカーをしたりしていました。ある日、ふと「ゲストハウスって自分の町にあるのか?」と考えたことがきっかけ。

その後、現在のオーナーと連絡を取りスタッフとして住み込みで常駐するようになった。将来的には、ゲストハウスやバーをやってみたりもっと深く携わりたいなと思ってきています。今のゲストハウスには愛着があったり接客・マネジメント・マーケティングにも興味はあるので、できるのならずっとこういう場所で働きたい気持ちも生まれてきています。

実際にゲストハウスで働いているスタッフにお話を伺ったことがあります。「外国人と一番交流できるのがゲストハウスなんじゃないか、そこで働けるのならすごく良い事じゃないか?」と話していました。普段、道を歩いている外国人には自分も含めて中々話かける機会も少ないと思います。が、スタッフになることで、自然と外国人とのコミュニケーションの場ができることも魅力の一つだと私も感じています。

おわりに

当ゲストハウスにも、将来的にゲストハウスを開業したい人が宿泊しにきます。比較的に若い人が多いと感じています。オーナーに話を聞いたり、どんなゲストハウスがしたいのか、聞いているだけこちらも楽しませてもらっています。カフェの併設を考えていたり、町屋がいいと考えていたり、まだ開拓されていない土地でゲストハウス開業を企んでいる人などなど。今後、とうゲストハウスに泊りに来たゲストが開業する日が来るのであれば、その際は遊びに行けたらなとも日々感じています。

 - ゲストハウスで働く, スタッフの日常 , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」でマネージャーとして奮闘中。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。