リビングゲストハウス

石川県金沢市のゲストハウスに住んでいました。ゲストハウススタッフとして奮闘中。

ゲストハウスの独立開業したいのか、運営したいのか、働きたいのか。

      2015/10/26


僕がゲストハウスで働くきっかけはふとした思いつきだった。ゲストハウススタッフとして3か月の住み込みを経て、いま思う事。ゲストハウスの独立開業がしたいのか、運営がしたいのか、ただ働きたいだけなのか。それぞれの視点から考えてみたいと思う。もしあなたがゲストハウスをしたいのなら考えてみはどうだろう。

ゲストハウスの独立開業がしたい

当初なにも知らない僕は、ゲストハウスをやりたいと単純に思った。

旅でも多くの外国人と交流できた自分がゲストハウスしたら面白んじゃないか!!俺が旅して、多くの外国人に良くしてもらった分、今度は来たときに歓迎したり、親切な宿があったらいいやん。

という簡単な理由。「いつか自分で何かをやってみたい」という思いや、自分は旅・海外・外国人が好きで、接客も好きだし、観光・レジャーに興味があったから独立開業がしたいと思った。思ったより多くの理由がある。もちろん、この思いは今でもまだ残っているし、その一つの形がゲストハウスなるんじゃないかなと考えた。

そこで、地元でゲストハウスってどんなもんか調べてみた。

①まず、日本にあまりないんじゃない?と仮定を立てる。
②石川県には田舎なのでないと仮定を立てる。
③開業前で準備をするGOOD NEIGHBORS HOSTELを知り、問い合わせをする。

オーナーと過ごす中で

もう少し広い視野で観る必要があることを教わった。また、ゲストハウス開業にはかなりの資金も必要だと言う事を知った。そして、オーナーの情報収集や行動力の差に唖然とした。これを見ると自分自身がいつ独立開業できるのか。独立開業し、これほど情報収集や行動できたり、オーナーに匹敵する力があるのか、考えることとなる。

運営したい

最近は、これにハマっている。当たり前だ。リスクがなくて、ゲストハウスのあらゆる業務を体験することができる。もし、運営だけに携わることができれば、自分で物件の所有や家賃を考えずに済む。

一方で、ある程度収入は決まってくるかもしれない。やはり、リスクが少ないと言う事は、それだけの収入しか得ることはできない。それでも、そこにやりがいや、満足することができるのであれば、この生き方は悪くないと思っている。世の中の会社員の皆さんもこれに近いのではないだろうか。

また、最終的なお金の管理はオーナーなので、より接客を集中することができる。より快適・満足度を上げる事に日々集中して考えることができる事は非常に良い環境だと思う。

接客をする中で

よりお客さんと密接にかかわる機会も多々ある。ドイツ人と、つたない英語で深夜まで缶ビールを10本程お互い飲みながら語ったり。他にも「バー行きましょう」なんて言ってきて朝まで飲み歩いたりや、夏の時期は、facebookで知ったのか、「今日、BBQしないの?」なんて言ってくる人も。できる限り答えてあげたいと思う。

その結果は目には中々でないかもしれないけれど、必ず結果として帰ってくるはず。

ただ働きたいだけ

欲しいものがあったり、生活のためにお金が必要で、働かざるおえない状況で「働きたい」となる人もいる。ちょっとした小遣い稼ぎに働きたい学生も多い。

ゲストハウスで大切な事の一つに掃除がある。とりあえず働きたいという人には、このような仕事をやってもらうと効率も良くなるのではないだろうか。しっかりとお金を渡して拘束時間もしっかり決まった時間のみ。その時間がマッチングする人は働きたいだろうし、win-winになるはずだ。

ただし、ひたすらその仕事をやらせてお金を渡すだけでなく、その中にやりがいを見つけさせることも大切だろう。

おわりに

ゲストハウス独立開業すればもちろん、全て自分のものとなる分、多くの能力が必要になる。運営だけに特化すれば、全ては自分のものとはならないけれど、よりホスピタリティーの面で気を使う事ができる。さらに、働きたいだけの人には、割り切りやすい仕事を与える事で効率良く回すことができるのではないだろうか。自分自身の現状で言えば、いま働いている宿の評価や、毎日くるお客様の満足度をどのようにあげればいいか考えるを楽しんでいます。

 - ゲストハウスで働く , , , , , , , , , ,

石川県金沢市のゲストハウスで2016年11月にオープンした「Blue Hour Kanazawa」で働いてます。また、1か月から入居可能な「シェアハウスASSORT-アソート-」というシェアハウスを金沢でやっています。